トビじゃなかった!!

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

大きな翼を広げて、大空を弧を描くように飛んでいる鳥。

私は勝手に「トビ」だと決めつけていました。

特に意味はありませんが、トビが身近だったからでしょうか?

正直、タカやワシってあまり馴染みがないし、この辺りを普通に飛んでいるイメージがなくて・・・

しかし、滝脇小学校で行われた探鳥会の時に教えていただいた空を飛んでいる鳥はトビ以外の猛禽類でした。

「この辺りにも飛んでいるの?」ってくらい遠い存在でした。

 

先日の探鳥会で教えていただいた、上空を飛んでいる猛禽類の見分け方。

今までにもブログで「トビが飛んでいた」と数回アップしていたので確認してみると・・・

 

今年の春に出会った鳥。

IMG_3096.JPG

王滝渓谷でカラスがトビを追っ払っていた、と書いていましたが・・・

大きい方の鳥、尾羽が丸くふくらんでいます。

確実にトビではない!

IMG_3097.JPG

お写真を拡大して確認をしてみたらちょっと白っぽかったです。

IMG_3095.JPG

んん〜「ノスリ」ではないか、と思います。

(違っていたらごめんなさい)

とりあえず、トビではなかったです。

 

そして、去年の夏。

IMG_1966.JPG

こちらの鳥も尾羽が丸く膨らんでいます。

ノスリよりも黒っぽいので「サシバ」ではないかと思います。

 

まだまだ勉強が必要ですが「トビ以外にもたくさんの猛禽類が見られる」事が分かりました。

遠い存在だったタカたちも、結構身近にいたんですね。

これからの出会いも楽しみです♪

 

 

サヨナラ秋ちゃん

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

どんよりとした黒い雲から時たま差し込む太陽の光。

しかし、今日はこの光もとても心細く感じてしまうほどの冷たい北風が肌を突き刺してきます。

IMG_0995.JPG

風になびく天下祭ののぼり。

IMG_0506.jpg

ふるさと市場さん。

IMG_0507.jpg

冬野菜がたくさん並んでいます。

冬のお野菜は体を温める効果があるので、年中スーパーで買えるお野菜も良いのですが、旬のお野菜の方が体には断然良いのです。

IMG_0508.jpg

お漬物もいっぱい。

大根のお漬物、さっそくいただきましたがとっても美味しかったです。

風邪にも良さそうな気がします。

IMG_0509.jpg

寒いとより食べたくなる焼き芋。

IMG_0513.jpg

こんなに可愛い多肉植物も売っています。

窓際の温かい場所に置いて観賞したいと思います♪

 

冬季はお休みをする松平郷ふるさと市場。

土・日曜日のみの営業ですが、今年は特別に12月28日(金)も営業しますよ!

そして、新年の特別営業も行われます。

1月2日・3日の二日間の営業です。

初詣の際にはぜひお立ち寄りください!

 

生き物たちも冬の準備が進んでいるかな?

IMG_1050.JPG

松平東照宮の鯉たちはまだ元気そう。

覗いていると、奥の方からみんな集まってきてくれました。

IMG_1040.JPG

松平東照宮の奥の院付近はまだモミジの葉がたくさん残っていました。

IMG_1043.JPG

オレンジ色に染まるモミジ。

IMG_1047.JPG

この空色と冷たい風が、秋の終わりを告げているよう。

IMG_0997.JPG

紅葉狩りの人たちの姿が消え、親氏公もちょっと寂しそう。

IMG_0999.JPG

今年はサネカズラの実が豊作。

IMG_1002.JPG

可愛い実がたくさんぶら下がっています。

IMG_1007.JPG

一つの実に粒々がたくさんついています。

鳥たちにはおいしいご飯です。

IMG_1001.JPG

赤い実がたくさん。

マンリョウの実。

IMG_1003.JPG

ジュウリョウの実。

IMG_1004.JPG

センリョウの実。

IMG_1010.JPG

サザンカの花。

色の少なくなる冬ですが、あちらこちらで赤色が見られます。

IMG_1012.JPG

ついこの前までの暖かさが嘘のような寒さ。

秋色よりも冬色の方が濃くなったことを身に染みて感じました。

IMG_1014.JPG

綺麗な色の葉をつけたロウバイの葉。

IMG_1015.JPG

葉を落としたらすぐに花を咲かせます。

IMG_1016.JPG

草花たちは元気ですね。

IMG_1036.JPG

頑張っているツワブキのお花ですが、もう終わりです。

IMG_1033.JPG

1枚だけ残った葉。

 

トンボ池周辺はサッパリした景色になっているだろうな・・・と思いながらも、何か見つかるかも!と思って足を踏み入れました。

IMG_1029.JPG

まるで宝石を見つけたかのような気持ちになりました。

奥に見える紫色の花。

IMG_1024.JPG

冷たい風を全身に受けながら、頼りなく感じられる細い体で立っていた。

IMG_1031.JPG

カキツバタ。

なんて可憐なんだろう。

今日のお散歩の主役はこの子ですね!

秋の終わりに春の帰り花を見られました♪

IMG_1038.JPG

お散歩の最後は瓦盆栽。

苔の玉の中に違う苔が顔を出していました。

とても可愛いです。

 

冷たい風に体が冷やされ、嫌でも冬の訪れを感じられるお散歩になりました。

今年も冬の季節に入ってきましたね。

綺麗な自然を見せてくれた秋ちゃん、また来年♪

王滝渓谷 晩秋散歩

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

足元を落ち葉が敷き詰めている。

IMG_0882.JPG

人の気配をなくした王滝渓谷。

IMG_0884.JPG

苔むした岩の上に降り積もる葉。

IMG_0889.JPG

足をおろす地面は永遠と広がる落ち葉の世界。

IMG_0898.JPG

地面が見えない。

IMG_0903.JPG

人が足を踏み入れなくなってから観られる一瞬の絶景。

IMG_0912.JPG

この時期、動物たちは足音を立てずに歩くことができない。

IMG_0910.JPG

時折まだ見頃のモミジを見つける。

人の視線を独り占めにできる木。

IMG_0906.JPG

妙昌寺境内のモミジ。

IMG_0902.JPG

連なった黄色いハート。

IMG_0914.JPG

足元に星がいっぱい。

IMG_0915.JPG

どの岩の上に落ちるかは、風が決めるのかな?

IMG_0916.JPG

葉を落とすことによって寒い冬を乗り越える、古からの知恵。

IMG_0924.JPG

落ちた葉は栄養となり、森の命をつなげる。

木もひとりでは生きては行けない。

IMG_0918.JPG

紅葉の美しさは葉を落としてからも続く。

IMG_0921.JPG

それは視界に映るものだけではなく、心で観る景色かもしれない。

IMG_0928.JPG

王滝橋。

IMG_0932.JPG

辺りは水の弾ける音が広がる。

IMG_0933.JPG

葉が積もっていない岩が目立つ。

でも、上の方から見ると・・・

IMG_0936.JPG

岩の上にもたくさん積もっていました。

IMG_0955.JPG

中之瀬大橋の辺りは赤いモミジが残っています。

IMG_0956.JPG

でも、だいぶ散っています。

IMG_0962.JPG

中之瀬大橋からの眺め。

IMG_0981.JPG

この川の水に流された葉はどのくらいの数だろう?

IMG_0963.JPG

橋の向こうは黄色いモミジがまだ綺麗。

IMG_0972.JPG

散策路に沿って黄色いモミジが連なります。

IMG_0969.JPG

まだ緑色のモミジも見られます。

IMG_0971.JPG

赤・オレンジ・黄色・緑のモミジ。

IMG_0988.JPG

葉っぱがたくさん落ちたので、隙間がいっぱいできました。

IMG_0990.JPG

最後まで残る葉っぱはどれだろうか?

一枚一枚にエールを送りたくなる晩秋散歩でした♪

ル・レクチェフェア

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

フォレスタヒルズさんでは、ただ今「ル・レクチェフェア」を開催しています。

ル・レクチェとは洋ナシの品種で、とっても甘く滑らかな果肉です。

ラウンジ、エスタシオンさんでご賞味いただけます。

IMG_0394.JPG

大好物のパフェ♪

ル・レクチェがたくさんのっています。

中にもカットした果肉が入っています。

下の方にはサッパリゼリーが入っていて、甘くなった口の中をスッキリさせてくれます。

あぁ〜幸せ(#^.^#)

IMG_0388.JPG

他にもメニューが色々あります。

IMG_0389.JPG

フルーツカレーもあります。

贅沢ですね。

どれもおいしそうなので、色々食べたいです♪

IMG_0390.JPG

眺めも良いので、ゆったりティータイムを楽しめますよ。

IMG_0399.JPG

暗くなるのが早くなりましたが、夕方頃から幻想的な雰囲気になります。

IMG_0427.JPG

ちょっと冷えるくらいが気持ち良い時もあります。

IMG_0424.JPG

池にはライトの明かりが反射しています。

IMG_0403.JPG

覗いていると鯉さんが近づいてきてくれました。

可愛い♪

IMG_0418.JPG

たくさんの鯉たちが、ゆっくりのんびり目の前を通り過ぎていきます。

IMG_0423.JPG

なんだかロマンチックですね。

ラウンジでお茶をした後に、レストランでディナーを食べる前に、ちょっとお散歩をしてみるのもオススメですよ!

 

フォレスタのスタッフさん曰く、暗くなると道路や駐車場ではイノシシが出ることがあるそうです。

本当に危険ですので、十分に気を付けてください。

くらしきるんるんフェスタ

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

12月1日(日)の夜、松平から遠く離れた岡山県倉敷市に松平郷手筒保存会の皆様がいつもの格好で現れました。

IMG_0446.jpg

7月に襲われた豪雨災害。

その復興支援事業として行われた「くらしきるんるんフェスタ」

商工会議所青年部さんを通じて、豊田市から、松平からも応援したいと駆け付けたのです。

IMG_0445.jpg

生で手筒花火を観ることが初めてな方たちばかりの会場。

チラシを見て「手筒花火を観てみたい」と駆け付けた方も多いようです。

IMG_0441.JPG

被災された方たちに元気と勇気を与えたい。

そんな想いで力強い打ち上げをされました。

IMG_0440.JPG

大筒20本とヨウカン、大規模な打ち上げです。

私は松平から応援することしかできませんでしたが、イベントが終わるころからSNSで「くらしきるんるんフェスタ」「手筒花火」などで検索すると出てくる出てくる!

たくさんの方が投稿してくれていました。

「カッコいい」「綺麗」はもちろん「熱そう」「マジすごい」「真似できない」などなど、初めて観る手筒花火にとても喜んでいただけたようです。

 

今でも苦しんでいる方、不自由をされている方も多いと思いますが、元気と勇気を与えられたことと思います。

たくさんの方の笑顔が広がったイベントだったでしょうね。

動画をフェイスブックとツイッターでアップしているので、ぜひチェックしてください。

IMG_0443.JPG

松平の自慢であり、誇りでもある松平郷手筒保存会のみなさま、本当にお疲れさまでした。

会場にお越しいただいた皆様、これからも遠い地から松平郷手筒保存会の応援をよろしくお願いいたします。

がんばれ、倉敷!!

 

※画像・動画は松平郷手筒保存会さんからのご提供

モミジのトンネル

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

今日の晩秋散歩は九久平町の神明宮。

事務所から徒歩で5分ほどです。

IMG_0808.JPG

途中にある庚申堂のお地蔵さん。

IMG_0806.JPG

お堂のガラス戸には赤いモミジが映っています。

IMG_0809.JPG

神明宮の入口。

IMG_0812.JPG

モミジのトンネルを抜けていきます。

IMG_0813.JPG

あまりにも綺麗で見惚れてしまったので、トンネルを抜けるのにどのくらいの時間がかかったでしょう?

IMG_0824.JPG

まずは神社にお参り。

あれ、のぼりが立っています。

IMG_0821.JPG

お祭りでした。

拝殿前まで来ると、中では神事が執り行われていました。

お賽銭を入れて、静かにお参り。

「秋葉祭」と「大祓式」でした。

IMG_0869.JPG

わかるなか?

シジュウカラちゃんが木の枝にとまっています。

色々な鳥たちの声が聞こえ、せわしなく移動していきます。

IMG_0868.JPG

こちらはコゲラちゃん。

ジージーと言う鳴き声と、時たま聞こえる木を突くコンコンコン。

IMG_0836.JPG

ブンブンブンの音が聞こえて上を見上げると、ハボリングしている虫がたくさん宙を舞っていました。

IMG_0816.JPG

紅葉はピークを過ぎたあたり。

IMG_0822.JPG

でも、最高に綺麗。

IMG_0833.JPG

綺麗な色づき。

IMG_0880.JPG

本来は辺りを照らす燈籠が、赤いモミジに照らされているかのようです。

IMG_0843.JPG

燈籠の穴の中から。

IMG_0814.JPG

同じ場所をフラフラ。

IMG_0873.JPG

この狭い範囲をどれだけ移動したでしょう?

気付いたら1時間ほどフラフラしていました。

IMG_0879.JPG

鳥の声を聴いたり、紅葉を眺めたり、足元の落ち葉のフカフカじゅうたんの上を歩いたり。

そろそろ紅葉も終わり・・・

今の内にしっかり楽しんでおきたいですからね。

今日も時間を気にしないお散歩を楽しみました♪

 

王滝渓谷 平成30年12月1日

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

今日から12月。

王滝渓谷もみじまつりは本日最終日です。

各所の紅葉イベントも終わった所が多いですね。

IMG_0802.JPG

あっという間の1ヶ月でしたが、今日も産直は賑わっていました。

IMG_0695.JPG

もみじまつりは終わっても、紅葉はまだまだ見頃ですよ!

IMG_0700.JPG

産直からすぐの伊保神様。

IMG_0702.JPG

龍門園地。

龍門橋からの1枚。

IMG_0705.JPG

この辺りのモミジは黄色・オレンジ色に染まります。

IMG_0706.JPG

妙昌寺。

IMG_0716.JPG

ピークですね。

IMG_0718.JPG

山門と。

IMG_0723.JPG

もうひとつの山門と。

IMG_0729.JPG

厳かな雰囲気。

IMG_0732.JPG

散策路から龍門橋を見下ろす。

IMG_0739.JPG

頭上はモミジの葉。

IMG_0741.JPG

時折真っ赤なモミジと出会います。

IMG_0791.JPG

王滝橋。

IMG_0795.JPG

今日は小さなお子様の姿をたくさん見かけました。

IMG_0747.JPG

王滝橋からの眺め。

IMG_0750.JPG

どんぐりポケット。

IMG_0756.JPG

歌石園地。

IMG_0757.JPG

散策路。

IMG_0759.JPG

中之瀬大橋周辺。

最高に綺麗です。

IMG_0782.JPG

中之瀬大橋からの眺め。

IMG_0766.JPG

椿木園地ではサザンカの花が咲き誇っています。

IMG_0775.JPG

ちょっとメルヘンな雰囲気。

IMG_0765.JPG

かじか橋。

モミジの葉っぱもだいぶ散ってきていますが、王滝渓谷の散策路沿いはまだ見頃です。

特に下流域は色づきが遅いので、まだまだ楽しめますよ!

12月に入っても、秋散歩はもう少し楽しめそうですね!(^^)!

滝脇小学校 冬鳥探鳥会

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

昨夜は雨が降った松平地区も、朝になるとスッキリとした青空が顔を出しました。

本日お邪魔したのは・・・

IMG_0661.JPG

滝脇小学校。

春に行われた夏鳥探鳥会に続き、冬鳥探鳥会にもお誘いいただきました。

IMG_0659.JPG

校長先生が鳥のお写真を何枚か見せてくれました。

鳥に詳しい子供たちは「ヤマガラ」「シジュウカラ」と大きな声で答えていますが、中にはちょっと難しい鳥もいたようです。

私は「ヤマガラ」「シジュウカラ」「エナガ」しか分かりませんでした・・・。

校長先生が見せてくれた鳥は全部「カラ類」。

名前の最後に「〜カラ(ガラ)」とつきます。

あ、エナガは違いますね。

とても可愛い顔をした鳥たちです。

 

ちなみに、滝脇小学校の鳥はシジュウカラなんですって。

 

講師は西三河野鳥の会の方たち。

IMG_0662.JPG

4チームに分かれて、それぞれのコースを探鳥します。

私は夏鳥探鳥会と同じ郡界川・日影ダムコース。

IMG_0665.JPG

出発するとさっそく鳥の声が聞こえてきます。

私でもわかる「ヒヨドリ」

大きな声でよく鳴いています。

IMG_0670.JPG

紅葉で黄色に染まった木の下を進んで行きます。

この時期は寒いので、鳥たちの朝は割とのんびり。

 

なかなか姿を見せてはくれないのですが、声はよく聞こえます。

ひとりで歩いている時は「何の鳥かな?」といつも思うのですが、今回は講師の先生が教えてくれます。

IMG_0671.JPG

子供たちも、声が聞こえる方に耳を傾けます。

少しでも姿が見られると喜んで、嬉しそうにメモをとります。

 

さすが! 先生は対岸の遠い木の枝に止まっているアオサギを見つけます。

大きな鳥、たくましい顔、子供たちにとっては見応えのある鳥でした。

望遠鏡で見ながら「あ、今睨まれた」と興奮しています。

IMG_0675.JPG

川沿いを歩いていると別のアオサギでしょうか?

慌てて飛び立っていきました。

IMG_0681.JPG

カワラヒワたちは電線の上で日向ぼっこでしょうか?

IMG_0682.JPG

こちらはカラス。

大きな鳥は割と撮りやすいのですが、小さな鳥はちょっと距離があり過ぎてうまく撮れませんでした。

IMG_0686.JPG

上空を旋回するトビ。

 

最後に撮れた大きな鳥。

IMG_0690.JPG

エアアジア。

主にアジア圏に生息する渡り鳥(笑)

 

空を飛ぶ鳥たちを見て「あんな風に飛べたら・・・」と思っている人はどのくらいいるのでしょう?

私の予想はほぼ全員だろうな〜と思います。

人の手によって生み出された巨大な鳥、飛行機。

人々の生活にとても役立っている飛行機ですが、鳥たちを見ているとその能力には雲泥の差があるな〜と思います。

(そういう問題ではないのですが)

それだけ、鳥たちの能力は凄いのです。

 

最後に講師の方にどうしても聞きたかったことを聞いてみました。

「空を飛んでいる猛禽類を見分けるコツはありますか?」

講師の方は時間がない中で丁寧に教えてくださいました。

 

よく見かける「トビ」は開いた尾羽が真ん中に向かって少し凹んでいる。

「ノスリ」は逆に真ん中に向かって丸く膨らんでいる。

トビは黒っぽいけれど、ノスリは白っぽい。

探鳥中に遠くで飛んでいた「ハイタカ」は胴が眺めで、広げた翼がトビたちよりも短い。

色は白っぽい。

細かい事を言うと、翼の先端が下がっているか上を向いているか。

 

なるほど・・・。

しかし、すぐ目の前にいればその違いも分かると思いますが、はるか上空を飛んでいる鳥の特徴を見極めるには何度も見て覚えるほかなさそうです。

そういえば、前に松平郷上空を優雅に飛んでいた鳥、トビだと思っていましたがとても白っぽかったです。

(飛んでいる猛禽類は全部トビだと決めつけていました)

トビではなさそうですね。

翼は大きく広がっていたので、ノスリやサシバだったのかな?

何だかわくわくしてきました。

次に上空を旋回する鳥を見つけたら、見極められると良いな♪

 

そして、今日の探鳥会で成長した事。

それは「ジョウビタキの声を覚えた」こと。

山を歩きながら気になっていた声の持ち主がジョウビタキであることが分かりました。

今度のお散歩で聞こえたら嬉しくなりそうですね。

 

そういえば・・・思い出しました!

最初のご挨拶で講師の方が「ジョウビタキとルリビタキの声はよく似ているよ」と言われていました。

探鳥中に聞こえてきたのはジョウビタキです。

んん・・・頑張って聞き分けられるようにしないといけないですね。

 

とても素敵な体験をさせていただきました。

子供たちに負けないように、私も頑張って覚えたいと思います♪

 

 

 

松平郷園地 平成30年11月28日

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

天気予報では寒くなると言っていましたが、思いのほか暖かくなりまし

た。

IMG_0528.JPG

松平郷園地の紅葉はピークです。

IMG_0658.JPG

天下祭ののぼりが風になびいています。

IMG_0656.JPG

松平東照宮のお堀。

水面に映された紅葉に、風のように波打たせる鯉たち。

IMG_0535.JPG

モミジは赤く染まり、人はカメラを構える。

IMG_0532.JPG

お堀周りにはカメラの三脚を立てる人が多かったです。

IMG_0647.JPG

手水鉢は静かに鏡と変わる。

IMG_0643.JPG

拝殿横にはモミジに大きなリースができていた。

IMG_0636.JPG

紅葉は光の当たり具合によって姿を大きく変える。

IMG_0537.JPG

松平郷では一番遅く色を付ける拝殿横(奥)のモミジ。

IMG_0539.JPG

そびえ立つ木のトンネルの出口には、明るい光に照らされたモミジ。

IMG_0541.JPG

自然界の芸術。

IMG_0546.JPG

指さす先に赤い景色。

IMG_0558.JPG

ほらね♪

IMG_0554.JPG

毎年綺麗に色づくモミジは今年も燃えるようでした。

IMG_0553.JPG

石階段にはツワブキの葉。

覆いかぶさるように葉を広げるモミジ。

IMG_0555.JPG

ツワブキの花はもうそろそろ終わり。

IMG_0561.JPG

足元を覆う黄金色の葉。

IMG_0621.JPG

天下茶屋さんでちょっと休憩。

天下餅とお抹茶のセット。

IMG_0181.jpg

店内で販売されている小物。

IMG_0179.jpg

来年の干支のイノシシも並んでいます。

ご店主の手作り。

IMG_0563.JPG

センリョウの実が綺麗に葉の上に乗っています。

IMG_0566.JPG

何の花かな?

小さくて見落としてしまいそう。

IMG_0579.JPG

小川沿いの散策路。

IMG_0612.JPG

室町塀沿いも赤く染まりました。

IMG_0616.JPG

まだ残るツワブキの花がモミジに話しかけているみたい。

IMG_0610.JPG

高月院山門とモミジ。

IMG_0607.JPG

わびさび

他の国の言葉では直訳できない日本らしい言葉。

IMG_0583.JPG

石垣を見上げると・・・

IMG_0585.JPG

視線を独り占めさせてしまうほどの赤いモミジ。

IMG_0605.JPG

このモミジは、いったい何色の赤色で構成されているのでしょう。

IMG_0587.JPG

朱門の赤も負けてしまう自然界の赤。

IMG_0598.JPG

この赤色を見ると、すぐ傍までやってきている冬の気配を感じます。

IMG_0601.JPG

モミジの木の下を通るとき、無意識に歩調がゆっくりになってしまう。

私は何人目の通行人であろうか?

 

紅葉がピークを迎えると、のんびり物思いにふけるお散歩ができるな・・・と思った秋散歩でした(笑)

大給城址 平成30年11月27日

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

気付けば11月も終盤、紅葉が最盛期です。

お天気が良いので大給城址へ。

IMG_0460.JPG

モミジ以外の紅葉も本当に綺麗なのです。

IMG_0458.JPG

藤の花のように実がたくさんブラ下がっていました。

IMG_0473.JPG

今年はあべまきのドングリが本当に豊作。

足元のドングリを眺めながら歩いているので、何度も蜘蛛の巣トラップに引っかかってしまいました。

IMG_0475.JPG

もう芽が地面に突き刺さっています。

 

歩いていると足元から蝶々が飛び立って、少し先の落ち葉の上にとまりました。

近づいて行って探してみるものの見つかりません。

だいたいの降りた場所は見ていたのに消えてしまった・・・。

降りた辺りのすぐそばまで来ると、どこからかまた飛び立ちます。

今度は石の上にとまりました。

これならすぐに分かります。

IMG_0465.JPG

わぁ!

葉っぱそっくりの蝶々さんでした。

これは落ち葉の上にいたら見つけられません。

 

今日は館跡から。

IMG_0467.JPG

モミジはピークを迎えています。

IMG_0468.JPG

大きな石が点在しています。

IMG_0472.JPG

モミジの木も点在しています。

IMG_0476.JPG

クライマーさんの中には「あの岩ね!」とすぐ分かる方もいるかもしれませんね。

IMG_0479.JPG

主郭跡。

IMG_0483.JPG

野面積みの石垣とモミジ。

IMG_0484.JPG

見事に赤色に染まっています。

IMG_0492.JPG

今年は大きな台風と酷暑のせいで焼けた葉も多いです。

IMG_0495.JPG

それでも、これだけ綺麗に染まっています。

IMG_0500.JPG

生きていくための強さですね。

IMG_0501.JPG

黄色が混ざるとまた別の美しさが生まれます。

IMG_0506.JPG

山はすっかりモザイク模様です。

IMG_0517.JPG

のんびり紅葉を楽しむ事が好きな方は大給城址、オススメですよ!

私はここが大好きなので、紅葉シーズンに限らずのんびり過ごしています♪

平成最後の紅葉、最後までお楽しみください(^_^)v

無料ブログ作成サービス JUGEM