Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
四郷棒の手警固祭り
0

    今日は松平を抜け出して四郷の八柱神社へと行ってきました。

    四郷

    この辺りは棒の手が盛んです。

    流派も色々あって、それぞれ伝承されています。

    今日はお写真をたくさん撮りましたが、縦向きのお写真がどうしても横向きになってしまうので・・・横向きのお写真ばかりをアップしたいと思います。

    それでも、ほんの一部のお写真のアップとなりますのでご了承ください。

    四郷

    きれいなお馬さん。

    入場の時から壮絶で感動しました。

    四郷

    かわいい巫女さんの舞い。

    雅楽ではなくお囃子?の音楽に合わせて舞っていて、何だか新鮮でした。

    四郷

    鉄砲隊も、何度も発砲を繰り返していてカッコよかったです。

    四郷

    では、棒の手のお写真をどんどんアップします。

    四郷

    演技の事が全く分からないので、ご説明ができず申し訳ございません。

    四郷

    子供たちもとても元気よく演技していました。

    松平棒の手保存会の子供たちも、これくらい大きな声が出せるといいな〜って思ってしまいました。

    四郷

    四郷

    四郷

    四郷

    ギリギリのところでかわしています。

    四郷

    四郷

    決まったポーズもカッコよいのですが、動きのあるショットも見ごたえありです。

    四郷

    おじいさんとお孫さんの演技。

    四郷

    四郷

    女性も負けていないですよ。

    とても迫力がありました。

    四郷

    演技中の真剣な表情が本当にカッコ良いです。

    四郷

    四郷

    四郷

    服を貫通するのは当たり前!

    それくらい危ない演技が多いです。

    四郷

    高い技術が求められることはもちろんですが、お互いの信頼関係もとても大きいでしょうね。

    四郷

    四郷

    何やらあやしい方がご登場。

    四郷

    今までの棒の手の演技とは全く違う演技で会場を盛り上げてくださいました。

    四郷

    しかしこの方、松平でも色々とお世話になっておりまして、本当にすごい人なのですよ!!

    四郷

    松平で伝承されている起倒流の演技とは全く違うもので、それぞれの特徴がよくわかります。

    四郷の棒の手は演武に近いようにも思いました。

    それと比べると起倒流は型のような演技です。

    どちらもカッコ良い事に変わりありません。

    四郷

    ずっと背伸びをしながら撮影をしていたので足がつってしまって・・・途中離脱をしてしまいました。

    大変面目ないですm(__)m

     

    棒の手警固祭り、規模が大きくとても素敵なお祭りでした。

    目の前で見られる棒の手の演技も本当に迫力がありカッコよかったです。

    演技の種類も多いので見応えがあります。

    流派は違えど、棒の手の歴史・技術を残している姿はどこも同じです。

    これからも頑張っていただきたいです。

     

    松平地区の棒の手は10月16日(日)の午後から石楠町の神社で奉納演技が行われます。

    起倒流の演技も、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

    posted by: チカウジ | - | 18:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
    非常に重要な開演時刻抜けている。これはなんのためのホームページか疑問だらけ
    | 木村登志男 | 2018/10/06 1:26 PM |
    木村登志男 様

    申し訳ありません。
    開演時間については松平地区の棒の手のお時間でよろしいでしょうか?

    平成30年は10月21日(土)です。
    13時から神事が行われますので、神事が終わり次第棒の手の奉納となります。
    何卒よろしくお願いいたします。
    | 松平観光協会 | 2018/10/15 2:37 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.matudaira-sato.com/trackback/1027
    トラックバック