清流はるかに 矢作川

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

今日は税務署や振り込みの用事があり、市街地の方に出ていました。

せっかくなので、今日から始まった風景写真・野鳥写真・創作アプリケの展示「清流はるかに 矢作川」へと行ってきました。

IMG_1488.JPG

入口には素敵な展示のお出迎えがあります。

IMG_1517.JPG

入口をくぐると四方の壁を繋ぐようにお写真が飾られています。

IMG_1491.JPG

風景写真を1枚1枚見ていると、そのまま吸い込まれそうな気分になります。

色がとても鮮やかで生きているよう。

水しぶきが今にも飛んできそう。

緑や水に匂いがしてきそう。

IMG_1511.JPG

私が行ったタイミングで取材の方も2社いらっしゃいました。

インタビューを受けている方が今回企画をされた安江さん。

風景写真を撮られた方です。

この安江さんは、松平地区の九久平町にお住いの方です。

IMG_1498.JPG

お写真の他にも色々な展示があります。

無垢板をベンチとしてご提供された無垢思庵さんは松平地区の岩倉町に工房があります。

IMG_1508.JPG

花台や入口にある曲がっている板も無垢思庵さん。

IMG_1501.JPG

この反物は拳母木綿。

拳母木綿と言うものを私は知りませんでした。

手紡ぎ手織りの木綿はとても温かいみを感じました。

IMG_1514.JPG

布で作られたアプリケもあります。

絵だと思っていたら、布で描かれていました。

とても手のかかる作品だろうな・・・と思いながら日本人らしい手仕事だと感心しました。

IMG_1520.JPG

入口にある河童ちゃん。

それぞれの表情がとても豊かでした。

 

作品を楽しむだけでなく、色々な事を学ぶことが出来ました。

写真1枚1枚に付けられているタイトルには文字以上の表現力を感じられたし、想像力も掻き立てられるな〜と思いました。

ぜひご鑑賞ください。

 

■展示期間

 平成29年7月4日(火)〜7月17日(月・祝)

 ※7月10日は休館

■時間

 9時〜17時

■会場

 豊田市民芸館 第3民芸館

 豊田市平戸橋町波岩86−100

 0565−45−4039

 

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM