松平ともえ号

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

いきなりですが「松平ともえ号」をご存知でしょうか?

ともえ号とは松平地区内を巡る地域バスです。

車がないと生活できないと言っても過言ではない松平地区ですが、子供や年配者など車を運転できない人もたくさんいます。

そんな人たちにとっては大切な移動手段となるともえ号。

しかし、地元の人だけではなく、観光に来られた方でもご利用いただけるのです。

公共交通機関が充実していない松平地区ではとても頼もしい存在です。

IMG_1586.JPG

今日はこのともえ号をもっとご利用していただきたいと思いご紹介させていただきます。

松平地区内にバス停がたくさんあり、バス停のある場所で乗ったり降りたりできます。

松平観光協会のHPに案内のPDFを貼ってありますのでご参照ください。

「ともえ号」をクリックしてください。

↓ 松平観光協会HP ↓

http://www.matudaira-sato.com/

 

ともえ号の運行は曜日・時間・ルートが決まっている便と、予約して乗りたい時間・場所・降りたい場所を指定できる便の

2種類があります。

観光でお越しの方には予約便がオススメです。

 

松平地区を走る公共交通機関は

・豊田市駅⇔中垣内(松平地区)

 ※松平志賀町〜九久平経由〜中垣内

・豊田市駅⇔大沼(下山)

 ※国道301号線沿いの松平志賀町〜松平町の区間が松平地区

・東岡崎⇔足助

 ※中垣内町〜石楠町の区間が松平地区

 

この3種類です。

正直、この運行だけではなかなか・・・と言うのが本音です。

しかもどの便も本数が少ないです。

 

例えば・・・

豊田市駅からバスに乗って王滝渓谷へ行きたい!と言うときは途中で足助行のバスに乗り換えないといけません。

岡崎からバスで松平郷へ行きたい!と言うときも乗り換えが必要です。

乗り換えは仕方がないとして、問題は待ち時間です。

本数が少ないこれらのバスは、下手をすれば待ち時間に2時間近くもかかってしまいます。

バスを待つような場所もあまりありません。

 

こんな時にぜひご活用していただきたいのがともえ号です。

予約便は予約をしてご希望の時間・ご希望のバス停まで来ていただき、希望のバス停まで行ってくれます。

※予約状況により時間が多少前後することはあります。

※他の利用者と同行となるので、ちょっと大回りになってしまう事もあるのでご了承ください。

 

他にも便利な事は、松平郷に来たけれど王滝渓谷にも行きたい!と言う時です。

公共交通機関を利用して行けない訳ではないですが、時間ロスが勿体ないです。

そして、ともえ号を利用していただくと王滝渓谷でも色々な場所に直接行けると言う利点もあります。

岡崎⇔足助のバスだと王滝町からの出発に限られますが、ともえ号だと歌石園地・椿木園地・王滝湖園地・古美山園地から散策することができます。

 

もちろん、お車で来られた方でも色々な利用方法があります。

王滝渓谷から歩いて松平郷や六所山などに行って、帰りはともえ号を利用して駐車場に戻ってくると言う事も可能です。

そうすると内容も充実すると思います。

スケジュールやプランに合わせてぜひご利用ください。

 

気になる運賃ですが、一律で大人は200円、小学生・障がい者は100円です。

運行日は月〜金曜日

予約センター

0565-58-3200

 

※曜日により運行時間が異なりますので案内をご参照ください

※休日と12月29日〜1日3日は休み

※利用日の1週間前〜利用時間の1時間前までに予約

※早朝に利用する場合は前日までに予約

※予約受付は月〜金曜日の9時〜17時

 

運賃が200円ととても利用しやすい金額です。

ぜひご利用ください。

平日だけの運行なので休日に来られる方はごめんなさい・・・。

文章だけではなかなか上手にお伝えできないし、詳細までご紹介できませんので、案内をご覧いただきご確認ください。

↓ ≪案内≫ 松平観光協会のHP「ともえ号」をクリック ↓

http://www.matudaira-sato.com/

 

お問い合わせ

0565-58-3200

(月〜金曜日 9時〜17時)

 

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM