<< 秋? | main | 雨上がり >>

六所神社

0

    昨夜、お月様が綺麗だったので六所神社の舞台へ行って一緒にお写真を撮ろうと思ったのですが、時間が悪くて舞台と月の角度が合わなかったので断念しました。

    舞台だけを撮ろうかとも思いましたが、真っ暗だったので断念。

    そして、今朝行ってきました。

    IMG_2424.JPG

    まずは六所神社でお参り。

    「9月17日に開催される大祭の時にまた来ます」とお伝えしました。

    IMG_2430.JPG

    下宮の杉の巨木。

    大きくていつも上手に撮影できません。

    IMG_2427.JPG

    モミジはまだ青々。

    IMG_2435.JPG

    手前のモミジ、枯れ枝がちょっと目立ってきました。

    本当に素敵な舞台。

    いつ来ても惚れ惚れします。

     

    日本屈指の日本庭園がある足立美術館。

    館内に大きな窓があって絶景の日本庭園を眺めることができます。

    この窓枠が額縁となり、生きた絵画を楽しむことができます。

    (行ったことないのですが・・・)

     

    この六所舞台も生きた絵画を楽しむことができます。

    その絵画の前で歌舞伎が演じられていたのですから、贅沢ですね。

    晩秋に向けてモミジの色が赤く色づけられ、生きた絵画は季節を伝えてくれます。

     

    先週は嫌と言うほど暑かったのに、急に涼しくなりました。

    夜は肌寒いくらいです。

    体調を崩されている方も多いようで・・・

    どうぞお気を付け下さい。

     

    松平地区では、この週末に稲刈りをされた農家さんも多いです。

    いよいよ実りの秋ですね。

    IMG_2425.JPG

    六所神社にたくさん落ちている松ぼっくり。

    リスさんたちのご馳走です。

    冬に向けて、たくさんの生き物たちが自然の恩恵を受ける季節。

    食材は、旬の時期に食べるからこそ美味しいのだと思います。

    また、体に合った栄養を私たちに与えてくれます。

    夏野菜は体を冷す働きを。

    冬野菜は体を温める働きをしてくれます。

    自然に合わせた進化を、私たちもしてきたのですね。

     

    最後に・・・

    IMG_2433.JPG

    タマムシさん。

    残念ながらお亡くなりになっていました。

    タマムシが激減しているとテレビで知りました。

    ちょっと前、お友達と事務所にいる時に飛んでいるタマムシを見つけた時にもその話をしました。

    キラキラ光りながら飛んでいるタマムシを見て感動しました。

    自然界の生き物って、なんでこんなにキレイで不思議なんだろうと思います。

    自然が多い松平地区でも、年々数が減っている生き物はたくさんいます。

    自然が自慢の松平。

    果たして、本当に自然が豊かなのだろうか・・・。

    そんなことを考えてしまうタマムシさんとの出会いでした。

     

    posted by: チカウジ | - | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.matudaira-sato.com/trackback/1247