大輪を咲かせた名工

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

かつて、松平の産業を支えていたガラ紡。

松平を流れる川沿いには、ガラ紡工場が多く立ち並んでいました。

工場がある場所には大きな水車がありました。

川の水を引いて、水力発電をするためです。

 

仁王(坂上町)には腕の良い大工さんがたくさんいました。

その中でも、水車の名工もいました。

近藤時治郎さん。

大工さんの間では、水車の事を「大輪」と呼んでいました。

そのため「大輪の時さん」と呼ばれていました。

時さんが作られた大輪は何百にも及ぶそうですが、ガラ紡の衰退とともに水車の姿も消していきました。

残る大輪は六所苑さんの入口にある観賞用の小さめの大輪。

IMG_2437.JPG

大輪がどういう意味からきているのかは分かりませんが、私は大きな花のようだからかな、と思いました。。

実際に見てみると見事な大輪の花のようです。

組み立てや仕組みが分かりません。

きっと、分解したら簡単には組み立てられないでしょうね。

今では修理する人もいないのではないでしょうか?

当時は生活に必要不可欠でしたが、いまでは見事な芸術品と言えましょう。

時代が移り変わり、この技術が継承されていかれない事もなんだか勿体ないな、と思います。

でも、簡単にできる事ではないですからね。

貴重な大輪です。

 

他にも時さんの代表作と言われたものがあります。

それは六所神社上宮に立つ木製の鳥居。

しかし、残念ながら時さんが立てられた鳥居は腐食してしまい今では見られることができません。

現在は石製の鳥居が立っています。

きっと趣のある鳥居だったのでしょうね。

 

さて、松平にも秋の味覚が届きました♪

IMG_9502.jpg

本日のふるさと市場さん。

新米の販売が始まりましたよ♪

「幻のお米」と言われるミネアサヒ。

バランスのとれたとても美味しいお米です。

5kg2,100円です。

お値段もかなりお得です。

IMG_9504.jpg

そして栗♪

大きい栗がたくさん。

1ネット300円。

相変わらずお安いです。

焼き栗も良いし、茹でたり煮ても美味しい。

栗ごはんも美味しいですね。

やっぱり秋は実りの秋、食欲の秋。

旬の食材で美味しい物をたくさん食べたいです♪

IMG_9506.jpg

カボチャもたくさんありました。

週末に松平郷園地へ来られる際はぜひお立ち寄りください。

美味しい秋をいっぱい感じてくださいね!(^^)!

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM