平成29年 起倒流棒の手神事

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

雨がしばらく続きそうです。

昨日は、各地のお祭りで規模縮小の開催となりました。

松平の石楠町のお祭りもそのひとつです。

石楠の秋の大祭と言えば、同時に行われる起倒流棒の手の神事。

今年は目録伝達が行われるとのことで特別でしたが、奉納演技は中止となりました。

いつもは石碑の立つ丘で行われる神事も、神社の境内で行われました。

IMG_0710 - コピー - コピー - コピー - コピー.JPG

しかし、石楠の棒の手では見かけない格好の人たちもたくさんいました。

IMG_0712 - コピー - コピー - コピー - コピー.JPG

そう、目録伝達が行われることにより、各支部の方たちも集まっていただきました。

IMG_0715 - コピー - コピー - コピー - コピー.JPG

何と、今年は愛知県民俗文化財指定60周年だったのです。

富岡支部・大坪町支部・中切町支部・設楽町支部・伊保町支部・長久手町支部の皆様にお越しいただきました。

そして、この松平棒の手保存会のある石楠は起倒流棒の手の宗家です。

1866年、岡田周六さんなど3名が免許目録を許されると共に宗家師長となりました。

IMG_0724 - コピー - コピー - コピー.JPG

今回は伊保町支部から3名、長久手町支部から4名、石楠から2名に目録が交付されました。

IMG_0728 - コピー - コピー - コピー.JPG

目録が読まれます。

IMG_0731 - コピー - コピー - コピー.JPG

IMG_0735 - コピー - コピー - コピー.JPG

IMG_0738 - コピー - コピー.JPG

IMG_0741 - コピー - コピー.JPG

IMG_0744 - コピー.JPG

IMG_0748 - コピー.JPG

IMG_0750 - コピー.JPG

IMG_0752 - コピー.JPG

IMG_0755 - コピー.JPG

今回の目録交付により、今までに交付された方は263名となりました。

約150年の間で263名ですからね。

とても光栄な事ですね。

本当におめでとうございます。

IMG_0757 - コピー.JPG

代表者あいさつ。

今までより更に身を引き締めて練習に励まれると思います。

これからも起倒流棒の手を守り伝えていただきたいと思います。

IMG_0760 - コピー.JPG

師範のあいさつ。

普段見る姿は優しそうなおじい様なのですが、演技の時は物凄い威圧感があります。

棒の手

以前の演技中の師範。

「ただものではない」オーラが出ていました。

IMG_0761.JPG

豊田市棒の手保存会の会長さんも駆けつけてくださいました。

今後、海外遠征では起倒流棒の手の方たちも活躍できるように、とエールを送っていただきました。

本当はこの後、演技披露が行われる予定でしたが・・・雨では危ないですからね。

同じ起倒流とはいえ、支部ごとで違う部分もあると思います。

それぞれの支部の方たちの演技を本当に見たかったな〜と思いましたが、仕方がありませんね。

IMG_0772.JPG

最後は懇親会です。

IMG_0777.JPG

衣装も支部によって違うので、とても新鮮でした。

IMG_0780.JPG

これからも、起倒流棒の手の一員として誇りを持って頑張っていただきたいと思います。

今後のご活躍も楽しみですね。

IMG_0784.JPG

最後に立ち寄った場所。

起倒流の石碑。

雨が降る中でも、力強くみなさんを見守っていました。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM