<< 松平の古刹「高月院」にて、墨絵、描いてみる | main | 体操カード >>

松平郷謎解きウォークラリー

0

    今日もレポートです。

    11月26日に開催された「松平郷 謎解きウォークラリー」のご紹介です。

    このイベントは松平地区在住・在学・在勤の方を対象として行いました。

    自分たちの住む場所の事をもっと知ってもらい、もっと好きになってもらいたい、と言う思いから企画されました。

    IMG_1940.JPG

    集合場所は松平郷第1駐車場。

    ここから謎解きをしながら松平郷を散策します。

    IMG_1945.JPG

    紅葉がまだまだ綺麗でした。

    IMG_1948.JPG

    松平東照宮。

    神社に入ったらまず何をする?

    体を清めますね。

    自慢の手水鉢、持ち上げている人たちはどんな人かな?

    IMG_1950.JPG

    お清めの順番を聞いて、確かめ合いながら行っていました。

    IMG_1951.JPG

    無料資料館の松平郷館。

    ここでは「松平の鷹」というアニメを観ました。

    松平親氏公が松平郷に入郷してから、林添の人たちを苦しめていた薮田源吾と言う人を倒すところまでがストーリーです。

    IMG_1956.JPG

    展示品をしっかり見ました。

    甲冑はやっぱり人気です。

    IMG_1958.JPG

    松平東照宮でお参り。

    IMG_1959.JPG

    奥の院へと向かいます。

    IMG_1961.JPG

    ここにある産湯の井戸は、誰が生まれた時に岡崎城まで運ばれたかな?

    こんな質問にすぐに答えてくれる子供たち。

    IMG_1964.JPG

    真っ赤なモミジをくぐって親氏公銅像へ。

    IMG_1972.JPG

    みんなで親氏公と同じポーズ。

    さて、親氏公は何を指さしているのかな?

    想像力を働かせて、親氏公の気持ちになって考えてみよう。

    IMG_1977.JPG

    親氏公の裏の道を通って展望テラスへと向かいます。

    IMG_1979.JPG

    紅葉がきれいでお散歩が楽しい。

    IMG_1988.JPG

    途中で立ち寄った松平家の墓所。

    女の子たちがお掃除をしてくれました。

    IMG_1990.JPG

    展望テラスからは何が見えるかな?

    ちょっと靄が多かったですが、色々な物が見えました。

    スタッフの方が双眼鏡を持ってきてくれたので、代わりばんこで見ました。

    岡崎のサービスエリアがすぐそこの位置に見えて、盛り上がりました。

    IMG_1994.JPG

    最後のスポットは高月院。

    IMG_2000.JPG

    子供たちは最後まで元気。

    IMG_2003.JPG

    高月院の山門。

    IMG_2005.JPG

    この山門は誰が作ってくれたかな?

    IMG_2007.JPG

    観音様もしっかりお参りをします。

    IMG_2010.JPG

    松平東照宮で教えてもらった通り、高月院でも順序を守ってお清め。

    IMG_2018.JPG

    本堂の中で若さんのお話。

    この本堂も、誰が作ったのかな?

    ところで、この本堂が作られ始めてから、完成までには何年かかっているのかな?

    この答えを若さんが教えてくれました。

    実は・・・まだ完成していないのです。

    まだまだ建設中。

    完成してしまう事はないんです。

    いや、完成してはいけないんです。

    それが仏様の教え。

    あるとしたら、壊れる時でしょうか。

    IMG_2019.JPG

    お庫裏では「まっくろくろすけをさがせ」

    色々な所に隠れているまっくろくろすけを探します。

    IMG_2021.JPG

    なかなか苦戦していました。

    IMG_2023.JPG

    最後は焼体験。

    五平餅・厚揚げ・しいたけを用意して、各自で焼いて食べます。

    IMG_2025.JPG

    お味噌も自分でつけます。

    五平餅を自分で焼いたことがない人が多くて、とても楽しそうでした。

    IMG_2027.JPG

    美味しい?と聞くと「美味し〜」と元気に答えてくれました。

    IMG_2028.JPG

    いっぱい歩いて、色々と考えて、自分で焼いた五平餅。

    そりゃ〜美味しいですね。

    IMG_2030.JPG

    今回、何で謎解きにしたかと言うと、自分で色々と考えて欲しかったから。

    ただガイドさんのお話を聞いているだけだとなかなか記憶に残りにくいと思います。

    そして、正解の答えが一つと限らない問題も。

    親氏公や、松平にかかわってきた人たち、ずっと昔の人たち、まはた現在を生きる人たちの想いを馳せてもらいたい。

    質問に何となく答えるのではなく、なんでこの答えなのか、をしっかり考えて学んでもらいたかった。

    この思い、伝わったでしょうか?

     

    帰りに「また来る」と言ってくれた子供たち。

    彼らは松平の宝ですね。

     

     

    posted by: チカウジ | - | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.matudaira-sato.com/trackback/1293