ほうりょうはし

- comments(2) trackbacks(0) チカウジ

県道39号線沿いにある王滝渓谷の駐車場。

ここから王滝渓谷へ行くには2つのルートがあります。

いきなり階段を登って行く「梟ヶ城」を経由するコース。

このコースは正直坂がきついので、体力のある方や登山に慣れている方にはオススメですが、とりあえず歩いてみよう!と言う方にはあまりオススメします。

梟ヶ城から歌石園地へ向かう坂が本当にキツイです・・・。

 

そして、もう一つのルートが県道を足助方面に向かって龍門園地から入るコース。

正直、このコースがオススメ。

駐車場から徒歩で約10分ほどで龍門園地に着き、王滝渓谷自慢の渓谷美がすぐに楽しめます。

さて、県道から龍門園地へと向かう道は「ほうりょうはし」と言う橋の手前を曲がって行きます。

この橋の下の川は王滝渓谷を流れている仁王川。

駐車場から王滝渓谷へ向かうなら、橋を渡ることがありません・・・。

IMG_0435.JPG

私も歩いて渡る事がなかったのですが・・・

何となく橋から下を覗いてみたら

IMG_0438.JPG

大きな岩の上を水が流れていました。

とても長い年月をかけて、水が岩を削ってできた水路。

知らなかった〜。

ちょっと感動してしまったので、しばらく見ていました。

 

松平地区には「甌穴」(おうけつ)と呼ばれる、丸く穴が開いた岩がたくさんあります。

水の流れと、小さな石たちが果てしない時間をかけて作った芸術作品です。

巨石の多い地域ならではの光景ですね。

松平地区の良い所のひとつは「自然が豊か」であること。

ただ自然が多いと言うだけではなく、色々な条件が折り重なって作られる自然美がとても豊富です。

そんな自然美を、気づかないままの場所も本当に多いんだろうな・・・と思いました。

たまには違う道を歩くと、楽しい事もいっぱいですね。

王滝渓谷へ行く際には、ぜひ「ほうりょうはし」を渡って下を眺めてみてくださいね!!

コメント一覧

いつも気にはなってるんですが中々王滝渓谷に行けません 今年こそは(少し暖かくなったら)行ってみます 「甌穴」有るんですねぇ 飛騨飛水峡で見たことは有るんですが・・・

  • 加藤 正己さん
  • 2018/01/21 6:11 PM

加藤 正己 様
王滝渓谷は冷たい風が吹くので、3月頃になるまでちょっと寒いです。
歩いている内に温かくなりますが、もう少し暖かくなってからの方が歩きやすいですね!
巴川で甌穴がたくさん見られます。
今は降りていく道が閉鎖されてしまっていますが、近いうちに整備がされる予定なので、また見られるようになりましたらご案内させていただきますね(^^)v

  • 松平観光協会さん
  • 2018/01/24 5:52 PM
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM