平成30年権現まつり 奉納手筒花火

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

今日は4月14日に松平郷で行われた権現まつりの奉納手筒花火のレポートです。

IMG_4029.jpg

お昼の2時過ぎ、松平東照宮で安全祈願が行われました。

私はご当主様とお墓詣りに行っていたので不在してしまいました。

手筒保存会の方のお写真をお借りしました。

IMG_4027.jpg

花火の最終仕上げ。

IMG_4028.jpg

今年は4名の新人さんがいらっしゃいます。

権現まつりで上げられた新人さんは3名。

ぶっつけ本番ですが、先輩たちから何度もレクチャーを受けます。

 

19時頃、お水取り神事が行われたあと、松平郷まつり広場にて奉納手筒花火が上げられました。

IMG_4491.JPG

なかなかの雨でしたが、手筒保存会さんは花火の打ち上げに集中しています。

最初に打ち上げる花火は「御神前」と呼ばれるひときわ大きな手筒花火です。

フェイスブックに動画をアップしているのでぜひご覧ください。

約30kgある御神前は、吹き上げる火柱や火の粉の量も圧倒的に多く、とても迫力がありました。

IMG_4503.JPG

30kgですからね、持ち上げるのでも大変ですよね。

IMG_4509.JPG

熱くても、重くても微動だにできません。

IMG_4510.JPG

顔のすぐ横から火柱が上がっているので・・・私だったら熱さよりも恐怖心に負けてしまいそうです。

IMG_4516.JPG

火の粉の温度は400℃〜600℃。

IMG_4524.JPG

高熱の火の粉が全身に降りかかってきます。

IMG_4527.JPG

最後はハネと呼ばれます。

勢いよく底が抜けるので、一瞬火だるまになります。

IMG_4520.JPG

風の向きで火の粉の飛び方が変わります。

IMG_4531.JPG

ここからは新人さん。

まずお一人目。

IMG_4534.JPG

しっかりと筒が真っすぐに立っていますね。

IMG_4538.JPG

お二人目。

IMG_4540.JPG

風が結構吹いていました。

IMG_4547.JPG

三人目。

IMG_4549.JPG

風が弱まり真っすぐ火柱が伸びています。

新人のみなさま、とても綺麗に上げられていますね。

IMG_4629.JPG

火の粉の量も常に変わっています。

色味も変わります。

IMG_4556.JPG

二本立。

IMG_4570.JPG

まずは寝かせた状態から火を付け、しっかりと火柱が立つまで待ちます。

火柱が立つと水平の状態のまま腰の位置まで持ち上げます。

IMG_4571.JPG

そして、ゆっくりと上を向けます。

IMG_4574.JPG

三本同時に上がると迫力も増えますね。

IMG_4573.JPG

顔にもいっぱい火の粉が当たります。

IMG_4594.JPG

片手で持てる小さな手筒花火。

IMG_4596.JPG

実は、大筒よりもこの小さな花火の方が火の粉が熱いみたいですよ。

IMG_4603.JPG

奥から出てきたのは手筒神輿。

IMG_4605.JPG

火の粉の中に人の影が浮かび上がって綺麗です。

IMG_4606.JPG

雨が降っている事を感じさせないくらいの賑やかな御神輿でした。

IMG_4612.JPG

風が強く吹くとご覧の通り、火の粉がかなり流されます。

IMG_4629.JPG

数か月前から何度も集まっては花火の準備に取り掛かっていた松平郷手筒保存会のみなさま。

体を張っての打ち上げ、本当に綺麗でした。

雨に濡れて寒かったり、火の粉で熱かったり(熱すぎ)大変だったと思いますが、観客席からは「凄いっ!」「カッコイイ!「きれい!」などの声がたくさん聞こえました。

IMG_4003.jpg

最後は乱玉と呼ばれるマシンガンのような花火と、松平郷の仕掛け花火。

悪天候の中でしたが、無事に終えて本当に良かったです。

夏祭りでは色々な場所で打ち上げます。

どこかで松平郷手筒保存会のみなさまの打ち上げを見ましたら、大きな声で「ワッショイ」の声援をお願いいたします。

 

保存会のみなさま、本当にお疲れ様でした。

夏に向けてこれからも頑張ってください!!「

 

さて、15日に行われた本祭ですが・・・

IMG_4649.JPG

あいにくのお天気で御神輿渡御が中止となりました。

IMG_4650.JPG

桜はほとんど散ってしまいましたが、新緑が綺麗なので御神輿渡御も楽しみでしたが仕方がありませんね。

IMG_4652.JPG

また来年の楽しみです。

IMG_4654.JPG

約400年続く松平郷の権現まつり。

この先もずっとずっと守り続けて欲しいお祭りです。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM