豊田市郷土資料館

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

今日は悪い病気(何もしたくない病)が出たので(笑)事務仕事を投げ出してブログのネタ探しをしよう、と思いました。

ふと思いついたのは「ジュリンナ遺跡」

ジュリンナ遺跡は幸海町の酒呑(しゃちのみ)にある縄文遺跡です。

まず、名前が不思議。

ジュリンナ、って日本なのかな?と思う名前ですね。

名前の由来ははっきり分かりません。

酒呑をシャチノミと読むのも珍しいですね。

幸海(こうかい)町の名前の由来は酒呑(シャチノミ)がサチノミ⇒サチノウミ⇒幸(サチ)の海(ウミ)⇒幸海(コウカイ)に変化したと言われています。

※私たちの松平を参照

 

私はこのジュリンナ遺跡の前を車で何度も通っているのに、まだ車から降りて見たことはありません。

遺跡には石碑が立っています。

石碑のお写真を撮りに行こうかと思いましたが、まずはジュリンナ遺跡について少し勉強をしないと!と思い、豊田市郷土資料館へと行ってきました。

IMG_4980 - コピー - コピー - コピー - コピー.jpg

「御参府おかえり道中」以来来ていなかったかも・・・。

立派な蔵。

IMG_4982 - コピー - コピー - コピー.jpg

敷地内に古墳もあります。

面白い。

IMG_4984 - コピー - コピー.jpg

郷土の色々な物が展示されています。

 

文化財等の展示はメインの建物の中です。

当然ですが撮影禁止なのでお写真はありません。

展示品を丁寧に見ましたが、ジュリンナ遺跡のものは少しだけでした。

でも、色々な発見がありました。

○○遺跡と呼ばれる場所は割と多くあります。

松平地区にもいくつかあります。

「そういえば看板が立っていたな」と思う遺跡がなかなか凄い遺跡だったりして驚きました。

巨石が多く、弘法山でもある「天下峯」には「天下峯遺跡」がありました。

普通に歩いていた所に遺跡があったのですね。

これらの遺跡についてはまた追々勉強するという事で・・・。

 

館内にはたくさんの書籍も置いてありました。

中には豊田の昔話の本もあって、ついつい王滝渓谷の「八大龍王宮」や六所神社の「六所大明神」の物語を読んでしまいました。

難しい本もたくさんありましたが、ゆっくり読んでいられないので「コレ」と思う本を見つけたので購入しました。

IMG_5001 - コピー - コピー - コピー.jpg

まさにジュリンナ遺跡の本。

ガイドブックではなく、調査報告書です。

実は、このジュリンナ遺跡は全国的にも有名のようで、愛知県内の縄文遺跡としては最古なんですって!

石器や土器の欠片が出土しています。

貴重な史跡遺産ですね。

ちゃんと勉強をしないと・・・。

IMG_4997 - コピー.jpg

裏表紙のお写真はジュリンナ遺跡の現在のお写真。

 

さて、郷土資料館では色々な物が販売されています。

IMG_4977 - コピー - コピー - コピー - コピー.jpg

本と一緒に購入したのは

IMG_4985 - コピー - コピー.jpg

「歴史お宝トランプ」です。

豊田市の歴史お宝をご紹介するトランプなんです。

IMG_4988 - コピー - コピー.jpg

松平地区のお宝もありますよ。

IMG_4990 - コピー - コピー.jpg

なかなか知られていないものもあるんです。

IMG_4991 - コピー - コピー.jpg

良い勉強になりますね。

豊田市の歴史お宝と言えば織田信長公の画。

教科書など様々な所で出てくる超有名な肖像画は豊田市の長興寺さん所有です。

他にも色々な発見のあるトランプです。

300円と、かなりお得ですよ!

 

色々調べて、ジュリンナ遺跡へ行って、またご紹介したいと思います!!

 

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM