ホタル観賞会 2回目

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

6月16日(土)に今年2回目のホタル観察会が松平郷園地で行われました。

IMG_0725.JPG

この日は雨上がりで少し気温も下がりましたが、たくさんの人がご参加くださいました。

初めて参加した、と言う方も多かったです。

IMG_0731.JPG

ホタル博士からホタルについてのお話を聞きます。

綺麗だからただ観たい・・・と、軽い気持ちだけでは観賞しないでいただきたい。

それは、ホタルは自然の中で生きている生物だから、注意点も色々あります。

ホタルの生命に大きく関わる事なので、ご理解ください。

IMG_0727.JPG

たくさんの人にお越しいただく事は本当に嬉しい事です。

しかし、そうなるとモラルの問題がとても大きな課題となります。

この日も気になることがたくさんありました。

他の参加者の方への迷惑行為、自然生物の扱い、地元住民への配慮、色々あります。

運営側もしっかり対応をしていかないといけないな、と本当に思います。

IMG_0743.JPG

ホタルは本当にたくさん光っていて綺麗でした。

なかなか飛ばないで、その場で光っているホタルが多かったです。

それでも、幻想的で感動しました。

IMG_0749.JPG

飛んでいるときのお写真は…相変わらず残念なお写真です。

IMG_0769.JPG

結構複雑な飛び方をするので、イメージしているようなお写真が全然撮れませんでした。

やっぱり生で観ていただく事が一番という事で・・・。

 

ホタル観賞をされる方には十分ご注意をいただきたいのは、草むらへは入らない事。

蛇がどこにいるか分かりません。

マムシなどの毒蛇もいます。

 

ちょっと話はズレてしまいますが、今朝、関西地方で大きな地震が起きました。

豊田市でも震度3だったそうです。

私が驚いたのは、地震があったすぐ後でもたくさんの人がお仕事に向かって通常通りにお仕事をしているという事です。

お仕事なので行かないと、と言う気持ちも分かりますが、後からもっと大きな地震が来るかもしれないし、余震も続くかもしれない・・・。

これだけ地震の恐怖を何度も味わっている日本なのに、教訓となっているのかな?と思いました。

(個人的な意見です)

何が言いたいかと言いますと、自然の驚異を軽んじている人が最近本当に多い気がします。

ホタル観察でもそうですが、自然の中に入るという事がどういうことなのかもう少し真剣に考えていただきたいです。

川遊びをする方もこれから増えてくると思いますが、地形や川の特徴などを全く知らない人が「ここは浅いし穏やかだから大丈夫」と決めつけてしまったり、ここは雨が降っていないから大丈夫と思ってしまったり。

ブログでも、何度も何度もしつこく言いますが、自己責任となります。

何かあった時に守れるかどうかは自分自身です。

 

山へハイキングへ行くのに看板がよくわからない、と言うご意見を時々聞きます。

当然、管理側の対応もしっかりしないといけませんが、不安があるなら絶対に先へは進まないでください。

「何とかなる」ではなく「なにかあったらいけない」と思うようにしてください。

皆様に危険が降りかかる可能性を少しでもなくしたいと思います。

どうか、ご理解をいただきますよよろしくお願いいたします。

 

今日の地震でも他人事ではなく、何かあった時には自分は大丈夫か、何かあった時の為に対策がしっかりできているか。

今一度振り返ってみてください。

 

地震で被害にあわれた皆様には、心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM