石楠神明神社 大祭・棒の手奉納演技

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

9月21日に石楠町の神明神社にて秋のお祭りが行われました。

IMG_2984.JPG

雲一つない晴天でした。

IMG_2985.JPG

神事は午後から。

神社での神事が終わると足助街道を挟んで向かいにある丘へと向かいます。

IMG_2989.JPG

ここでは起倒流棒の手の神事が行われます。

IMG_2992.JPG

ここは起倒流の本家。

IMG_3014.JPG

IMG_3028.JPG

石碑の前で奉納演技が行われます。

IMG_2987.JPG

神事を見守るトンボさんと・・・

IMG_2998.JPG

蝶々さん。

 

神事が終わると神社の境内に戻ります。

IMG_2981.JPG

ここでもう一度奉納演技。

IMG_3042.JPG

最初は師範から白鞘を受け取ります。

IMG_3047.JPG

白鞘×白鞘

演技名は「鉢冠」(はちかんむり)

IMG_3051.JPG

太刀×太刀

同じく鉢冠。

しばらく同じ演技が続きます。

小さな女の子が元気よく演技をしていました。

IMG_3053.JPG

終わった後にたくさん飛んでくる「おひねり」は棒の手の風物詩。

IMG_3055.JPG

IMG_3066.JPG

 

IMG_3076.JPG

棒×太刀

「腕落」(うでおとし)

IMG_3085.JPG

IMG_3069.JPG

IMG_3089.JPG

 

IMG_3093.JPG

棒×太刀

「稲妻」(いなづま)

太刀を落とします

IMG_3095.JPG

素手で防御

IMG_3097.JPG

棒を掴みに行って・・・

IMG_3099.JPG

IMG_3101.JPG

奪います

IMG_3103.JPG

棒を踏んで落とします

IMG_3106.JPG

武器がなくなり組手となります

IMG_3108.JPG

掴んで投げる

 

IMG_3116.JPG

薙刀×十手

「真刀」(つるぎ)

振り回される薙刀を飛んでかわします

IMG_3136.JPG

薙刀を振り回す女の子、カッコ良いです。

 

IMG_3144.JPG

棒×太刀

真剣槍(しんけんやり)

IMG_3149.JPG

太刀で棒をかわしながら軌道をずらします

 

IMG_3160.JPG

薙刀×十手

一人詰(いちにんづめ)

真刀とよく似ていて、薙刀を振り回します。

飛んでかわしながら180度回転します。

 

IMG_3180.JPG

太刀×太刀

3組で鉢冠

 

IMG_3190.JPG

棒×太刀

4組で腕落

 

ここからは大人の方たちの演技

IMG_3203.JPG

棒×太刀

蜘蛛手(くもで)

IMG_3207.JPG

動きの多い演技です

IMG_3209.JPG

後ろからの攻撃をかわします

IMG_3215.JPG

IMG_3219.JPG

今回は決まりポーズではなく、動きの途中のお写真をたくさんのせています。

 

IMG_3230.JPG

槍×ムチ

身留(みとめ)

IMG_3233.JPG

IMG_3244.JPG

IMG_3246.JPG

ムチでやりを払います。

砂が舞っているのが分かりますか?

 

IMG_3250.JPG

槍×ムチ

突捨(つきすて)

IMG_3253.JPG

いつも最後に演技されるヒヤヒヤの突捨

IMG_3259.JPG

IMG_3275.JPG

 

突捨の前に鎌×真剣の「天狗倒」(てんぐだおし)の演技がありました。

こちらは動画を撮影してフェイスブックとツイッターでアップしておりますので、ぜひご覧ください。

 

IMG_3285.JPG

最後に記念写真。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM