六所山。原生林でお手軽森林浴と山麓ランチ 前半

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

10月29日に松平の宝さがし実行委員会企画のとよたまちさとミライ塾のプログラム「六所山。原生林でお手軽森林浴と山麓ランチ」が開催されました。

IMG_3419.JPG

集合は六所苑さん。

最初にご挨拶や準備運動を行ってから山に入ります。

IMG_3422.JPG

六所苑さんからすぐの所に六所神社二の鳥居があります。

今回は参道を進むコースです。

IMG_3423.JPG

山に入ると薄暗い。

IMG_3427.JPG

足元に小さなリンゴが落ちています。

オオウラジロの実を拾ってかじると・・・最初はリンゴっぽい味ですが、すぐに口の中が渋くなります。

IMG_3429.JPG

今回のガイドは森のスペシャリスト、北岡先生。

数年前のドングリのプログラムでもお世話になった、とっても物知りで楽しいガイドをしてくれる先生です。

IMG_3432.JPG

ミヤマシキミ。

ミカンの種類ですが、猛毒です。

赤くて可愛い実ですが、決して食べてはいけません。

IMG_3439.JPG

一部原生林の森。

IMG_3445.JPG

鳥居をくぐってしばらく歩くと大きく立派な木がそびえ立ちます。

人が横に並ぶと樹の太さがよく分かります。

IMG_3447.JPG

道路から割と近くですが、これだけ神秘な世界に辿りつけます。

IMG_3449.JPG

不動滝、通称「お滝」

IMG_3454.JPG

その昔、滝行を行う人も多くいました。

お参りに来る人もたくさんいたそうです。

IMG_3450.JPG

この辺りはムササビがたくさん生息しているので、木の幹にはムササビの爪痕がたくさんあります。

IMG_3463.JPG

王滝渓谷のようにしっかり整備された散策路も良いですが、時には森の中を歩くのも良いですね。

IMG_3465.JPG

急な坂道も多いけれど、何度も立ち止まっては色々な植物の説明をしてくれるので、ゆっくりのんびりな登山です。

IMG_3482.JPG

「気を付けないと滑りそう・・・」

そんな丸太の橋も渡ります。

IMG_3501.JPG

自然の中って、不思議なパワーで溢れています。

歩いていると、本当にそう思えるんです。

IMG_3508.JPG

六所山にとって、とっても大切な木。

IMG_3513.JPG

ブナの木。

この辺りは標高が約600m。

今の日本の気候では、800m以上の高さがないとブナは育たないと言われています。

樹齢は約300年くらいかな?

それくらい前の日本の気候であれば、標高600mでも育つ環境だったのですね。

この標高で見られるブナは非常に貴重です。

IMG_3522.JPG

北岡先生のガイドは、様々な物をかじってみたり、触ったり匂いを嗅いでみたり・・・

木の葉の香りって、本当に様々です。

IMG_3524.JPG

伊勢神宮の遥拝所。

IMG_3533.JPG

この木屑の塊は、ムササビが巣の中に入れるもの。

温かくフワフワのベッドになります。

IMG_3538.JPG

「あぁ〜、いましたよ!珍しい幼虫」

と、北岡先生。

IMG_3539.JPG

本っ当に小さな幼虫。

「ヒントは渡り鳥のように遠くまで移動する生き物です」

それを聞いて

「アサギマダラ!!」

と思いました。

答えは大正解!

アサギマダラの幼虫でした。

IMG_3541.JPG

このように丸く空いている穴が特徴。

この穴を見つけると、近くにいるんですって。

夏は涼しい所にいますが、越冬のために沖縄や台湾の方まで飛んで移動するのです。

その旅の途中に松平にも寄ってくれて、稀に繁殖をするものもあります。

しかし、この地では冬が寒すぎてほとんどの幼虫が冬を越せないのです・・・。

この子は何とか無事に冬を越して貰いたいですね。

IMG_3542.JPG

さて、一行は山頂付近にある六所神社 上宮に到着しました。

 

お写真も多いので、今回はここまで。

後半は六所神社から下山して、美味しいランチの様子をご紹介します。

次回もお楽しみに♪

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM