Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
滝脇小学校 冬鳥探鳥会
0

    昨夜は雨が降った松平地区も、朝になるとスッキリとした青空が顔を出しました。

    本日お邪魔したのは・・・

    IMG_0661.JPG

    滝脇小学校。

    春に行われた夏鳥探鳥会に続き、冬鳥探鳥会にもお誘いいただきました。

    IMG_0659.JPG

    校長先生が鳥のお写真を何枚か見せてくれました。

    鳥に詳しい子供たちは「ヤマガラ」「シジュウカラ」と大きな声で答えていますが、中にはちょっと難しい鳥もいたようです。

    私は「ヤマガラ」「シジュウカラ」「エナガ」しか分かりませんでした・・・。

    校長先生が見せてくれた鳥は全部「カラ類」。

    名前の最後に「〜カラ(ガラ)」とつきます。

    あ、エナガは違いますね。

    とても可愛い顔をした鳥たちです。

     

    ちなみに、滝脇小学校の鳥はシジュウカラなんですって。

     

    講師は西三河野鳥の会の方たち。

    IMG_0662.JPG

    4チームに分かれて、それぞれのコースを探鳥します。

    私は夏鳥探鳥会と同じ郡界川・日影ダムコース。

    IMG_0665.JPG

    出発するとさっそく鳥の声が聞こえてきます。

    私でもわかる「ヒヨドリ」

    大きな声でよく鳴いています。

    IMG_0670.JPG

    紅葉で黄色に染まった木の下を進んで行きます。

    この時期は寒いので、鳥たちの朝は割とのんびり。

     

    なかなか姿を見せてはくれないのですが、声はよく聞こえます。

    ひとりで歩いている時は「何の鳥かな?」といつも思うのですが、今回は講師の先生が教えてくれます。

    IMG_0671.JPG

    子供たちも、声が聞こえる方に耳を傾けます。

    少しでも姿が見られると喜んで、嬉しそうにメモをとります。

     

    さすが! 先生は対岸の遠い木の枝に止まっているアオサギを見つけます。

    大きな鳥、たくましい顔、子供たちにとっては見応えのある鳥でした。

    望遠鏡で見ながら「あ、今睨まれた」と興奮しています。

    IMG_0675.JPG

    川沿いを歩いていると別のアオサギでしょうか?

    慌てて飛び立っていきました。

    IMG_0681.JPG

    カワラヒワたちは電線の上で日向ぼっこでしょうか?

    IMG_0682.JPG

    こちらはカラス。

    大きな鳥は割と撮りやすいのですが、小さな鳥はちょっと距離があり過ぎてうまく撮れませんでした。

    IMG_0686.JPG

    上空を旋回するトビ。

     

    最後に撮れた大きな鳥。

    IMG_0690.JPG

    エアアジア。

    主にアジア圏に生息する渡り鳥(笑)

     

    空を飛ぶ鳥たちを見て「あんな風に飛べたら・・・」と思っている人はどのくらいいるのでしょう?

    私の予想はほぼ全員だろうな〜と思います。

    人の手によって生み出された巨大な鳥、飛行機。

    人々の生活にとても役立っている飛行機ですが、鳥たちを見ているとその能力には雲泥の差があるな〜と思います。

    (そういう問題ではないのですが)

    それだけ、鳥たちの能力は凄いのです。

     

    最後に講師の方にどうしても聞きたかったことを聞いてみました。

    「空を飛んでいる猛禽類を見分けるコツはありますか?」

    講師の方は時間がない中で丁寧に教えてくださいました。

     

    よく見かける「トビ」は開いた尾羽が真ん中に向かって少し凹んでいる。

    「ノスリ」は逆に真ん中に向かって丸く膨らんでいる。

    トビは黒っぽいけれど、ノスリは白っぽい。

    探鳥中に遠くで飛んでいた「ハイタカ」は胴が眺めで、広げた翼がトビたちよりも短い。

    色は白っぽい。

    細かい事を言うと、翼の先端が下がっているか上を向いているか。

     

    なるほど・・・。

    しかし、すぐ目の前にいればその違いも分かると思いますが、はるか上空を飛んでいる鳥の特徴を見極めるには何度も見て覚えるほかなさそうです。

    そういえば、前に松平郷上空を優雅に飛んでいた鳥、トビだと思っていましたがとても白っぽかったです。

    (飛んでいる猛禽類は全部トビだと決めつけていました)

    トビではなさそうですね。

    翼は大きく広がっていたので、ノスリやサシバだったのかな?

    何だかわくわくしてきました。

    次に上空を旋回する鳥を見つけたら、見極められると良いな♪

     

    そして、今日の探鳥会で成長した事。

    それは「ジョウビタキの声を覚えた」こと。

    山を歩きながら気になっていた声の持ち主がジョウビタキであることが分かりました。

    今度のお散歩で聞こえたら嬉しくなりそうですね。

     

    そういえば・・・思い出しました!

    最初のご挨拶で講師の方が「ジョウビタキとルリビタキの声はよく似ているよ」と言われていました。

    探鳥中に聞こえてきたのはジョウビタキです。

    んん・・・頑張って聞き分けられるようにしないといけないですね。

     

    とても素敵な体験をさせていただきました。

    子供たちに負けないように、私も頑張って覚えたいと思います♪

     

     

     

    posted by: チカウジ | - | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.matudaira-sato.com/trackback/1483
    トラックバック