六所舞台

- comments(0) trackbacks(0) チカウジ

4月とは思えないような陽気が続いています。

季節の移ろいがだんだん極端になっているような気がしますが、自然界の生き物たちは、体内時計が正確に働いています。

多少の誤差はあっても、花はだいたい同じ時期に咲かせ、虫たちも顔を出す。

IMG_1496.JPG

六所神社 下宮。

何気ない草花が、春をしっかりと主張してくれます。

まずはお参り。

静かな六所神社は、様々なものが研ぎ澄まされていく感じがします。

IMG_1508.JPG

日なたはとても暑いのですが、農村舞台の中はちょうどよい風が吹き抜けていきます。

 

座ってまったりしていると、すぐ側のおうちのオジサマが声をかけてくださいました。

「昔は、10月10日になるとそれは賑やかなお祭りが行われてね、豪華に着飾った馬たちが集まってこの舞台の周りを歩いたんだよ」

秋の大祭がとても盛大で馬が集まっていた事は知っていましたが、それを見ていた人からお話を聞くと、無意識のうちにその光景を想像していました。

私が座るこの舞台の周りを、綺麗な衣装を着けたたくさんの馬たちが練り歩いていた。

まるで錯覚が起きたかのように、目の前を馬たちが列をなして通り過ぎていく。

足音まで聞こえてきそうなくらいでした。

本心で「見てみたいですね」と言うと、嬉しそうな、寂しそうな表情で頷かれました。

IMG_1500.JPG

モミジの葉があっという間に開いてきて、この舞台が一番美しく見える季節がやってきました。

馬のいななきの代わりにたくさんの鳥の声が聞こえます。

トビの声を久しぶりに聞きました。

ウグイスはまだ練習が必要そう。

センダイムシクイの声があっち行ったりこっち来たり。

 

この地に立つと、なぜかいつも特別な気分にさせてくれます。

今日は、ずいぶんと昔にタイムスリップすることができました。

春の陽気と風が、私をタイムトラベラーにしてくれました。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM