<< 第33回天下祭 Vol.1 水玉神事・安全祈願祭 | main | 第33回天下祭 Vol.3 座主修行 >>

第33回天下祭 Vol.2 大禊ぎ

0

    天下祭レポート第2弾!

    壮絶な大禊ぎの様子をご紹介いたします。

     

    2月8日(土)18時20分頃。

    下帯着替え場所へ行くと色々な声が聞こえます。

    気合を入れる雄叫びに悲鳴のような声(寒いので)

    IMG_0339.JPG

    下帯姿の漢たちが出てきました。

    IMG_0340.JPG

    厚着をしている私でも寒いのに、この人たちは感覚がマヒしているのだろうか?

    そう思えるくらい楽しそう。

    IMG_0341.JPG

    3列に並ぶよ〜!

    IMG_0344.JPG

    暗闇に下帯の白色が浮かび上がり、ワッショイの声が轟きます。

    IMG_0347.JPG

    IMG_0351.JPG

    IMG_0352.JPG

    気合十分!

    IMG_0358.JPG

    松平東照宮では座主・介添えが待ちわびています。

    IMG_0359.JPG

    出発。

    IMG_0360.JPG

    颯爽と裸男たちとワッショイの声が通り過ぎていきます。

    IMG_0361.JPG

    目指すは松平親氏公が見守る禊ぎ場。

    IMG_0366.JPG

    まずはお塩で禊ぎ場を清めます。

    儀式のはじまり。

    IMG_0368.JPG

    IMG_0371.JPG

    神妙な面持ちで見守る座主。

    IMG_0372.JPG

    次に井戸のお水を入れます。

    IMG_0378.JPG

    結界の中へ。

    IMG_0382.JPG

    IMG_0384.JPG

    IMG_0388.JPG

    IMG_0389.JPG

    IMG_0393.JPG

    実行委員長も後方で頑張ります。

    IMG_0396.JPG

    親氏公へ一礼。

    IMG_0402.JPG

    各自立ち位置に。

    IMG_0404.JPG

    IMG_0405.JPG

    八幡社へ一礼。

    IMG_0406.JPG

    息吹行事。

    IMG_0407.JPG

    IMG_0417.JPG

    鳥船行事。

    IMG_0425.JPG

    IMG_0431.JPG

    IMG_0434.JPG

    雄健行事。

    IMG_0443.JPG

    いよいよ。

    心臓から遠い手・足から水をかけていき・・・

    IMG_0447.JPG

    「いくぞぉぉぉぉぉーーーーっ!!!」

    の声で水を浴びます。

    IMG_0448.JPG

    IMG_0450.JPG

    よく勘違いをされている方がいます。

    このお水は温水だと・・・

    いえいえ、ビックリするくらいの冷水です。

    この場所はとにかく気温が低く、しばらく放置された水はかなり冷えています。

    気温が低い日は水面に氷が張っている事も。

    IMG_0451.JPG

    そんな冷水をこれでもかと言うくらい激しく浴びます。

    IMG_0455.JPG

    IMG_0459.JPG

    暗いし、動きが速いのでお写真がなかなか・・・

    IMG_0466.JPG

    凄い雄叫び。

    IMG_0476.JPG

    IMG_0483.JPG

    フェイスブックとツイッターでは動画をアップしております。
    迫力満点ですが、この場に立って観ている体感はけた違い。

    IMG_0487.JPG

    何とも言い表せられない空気感。

    飲み込まれてしまいそうな迫力。

    体を突き抜けていく雄叫び。

    IMG_0490.JPG

    鳥船行事。

    一層声が高らかと響きます。

    IMG_0497.JPG

    IMG_0498.JPG

    濡れた体では体幹温度がかなり下がります。

    IMG_0501.JPG

    IMG_0503.JPG

    IMG_0508.JPG

    上空には明るいお月様。

    ずっと見守っていました。

    IMG_0511.JPG

    雄健行事。

    IMG_0512.JPG

    息吹行事。

    IMG_0517.JPG

    八幡社に一礼。

    IMG_0519.JPG

    撤収。

    IMG_0520.JPG

    速い速い!

    IMG_0522.JPG

    IMG_0523.JPG

    IMG_0524.JPG

    実行委員長もガッツポーズ。

    IMG_0525.JPG

    IMG_0526.JPG

    かなりキツイと思うのですが、皆様本当に楽しそう。

    IMG_0529.JPG

    過酷な修行にもかかわらず、この笑顔は何と頼もしい事でしょう。

    今年も最高のお祭りが始まったんだな〜と実感しました。

     

    翌日には本祭を控えています。

    弱音は全く吐かない。

    高い士気のまま彼らは暗闇へと消えていきました。

    チカウジ * - * 16:10 * comments(2) * -

    コメント

    そう、「壮絶」という言葉がぴったりでしたね!

    その大迫力に震えてしまうような凄い禊ぎでしたし
    バックに打ち上がる手筒花火と相まって感激でした!

    レポート写真でも判りますが、
    禊ぎの後のはだか男衆の肌がピンクに染まって・・・
    これも美しかったです。
    Comment by ほの国ワンラブ @ 2020/02/20 1:02 AM
    ほの国ワンラブ 様

    あまりにも凄すぎてどう表現したら伝わるか・・・と思いながらも、私の中では「壮絶」と言う言葉が浮かびました。
    あの場に立ってご覧になられた方から共感をしていただき嬉しく思います!

    各行事の合間に寒そうにしている裸男さんたちも、一瞬で表情が変わり力強い行事をされるところも「カッコ良いな〜」と思いました!
    ピンク色に染まる肌も、観ている側からすると「辛そう・・・」と思ってしまいますが、さすがの男気ですね!
    Comment by 松平観光協会 @ 2020/02/21 3:50 PM
    コメントする









    このページの先頭へ