<< 王滝渓谷 2020年2月23日 | main | 第33回天下祭 Vol.8 お清め >>

第33回天下祭 Vol.7 練り込み

0

    天下祭レポート、いよいよお待ちかねの練り込み。

    お写真をどんどんアップしますよ!

    裸男さんたちの楽しそうなお写真は後日スマイルコレクションでご紹介をさせていただきます。

     

    13時30分頃、練り込みの出発地点に到着。

    IMG_1071.JPG

    既にたくさんの裸男さんたちが集まっていました。

    IMG_1066.JPG

    お日様は暖かいですが、風が強く寒いです。

    IMG_1005.JPG

    白組の集合写真。

    IMG_1020.JPG

    練り込み担当の座主は山本さん。

    IMG_1055.JPG

    紅組の頭。

    IMG_1078.JPG

    14時スタートの練り込みですが、時間が近づくにつれ士気はどんどん上がっていきます。

    IMG_1093.JPG

    両チームから大きな「ワッショイ」の掛け声が響きます。

    この気合だけで既に戦いが始まっているような雰囲気。

    IMG_1075.JPG

    誰よりも気合の入っている白組の頭。

    統率がしっかりとれています。

    IMG_1110.JPG

    紅組さん、寒そうだけれどガンバレ!

    IMG_1111.JPG

    整列をして、いよいよ出発の時です。

    IMG_1119.JPG

    IMG_1125.JPG

    IMG_1127.JPG

    IMG_1131.JPG

    IMG_1134.JPG

    大きな大きな「ワッショイ」

    IMG_1135.JPG

    ちょっと表情の硬い人もいるし、気合満々な人、笑顔で溢れている人、それぞれの思いで練り歩いています。

    IMG_1144.JPG

    紅組は騎馬を組んで、白組の後に出発します。

    IMG_1149.JPG

    気迫ある座主の「ワッショイ」の掛け声に、他の参加者も続きます。

    IMG_1158.JPG

    IMG_1160.JPG

    IMG_1162.JPG

    IMG_1164.JPG

    紅組さんが通り過ぎると、ダッシュで白組の先頭まで追い付きます。

    IMG_1203.JPG

    IMG_1208.JPG

    人数だと白組の方が少ないのですが、負けていないですね。

    IMG_1213.JPG

    水玉を奪いに行く側の白組は闘争心がより強いように感じられます。

    IMG_1225.JPG

    IMG_1228.JPG

    白組さんが通り過ぎると、急いで坂を下って紅組の所まで。

    IMG_1240.JPG

    騎馬の組み直し。

    IMG_1242.JPG

    掛け声に合わせて座主を持ち上げます。

    IMG_1247.JPG

    ふたたび坂を駆け上がって白組に合流。

    IMG_1250.JPG

    ここで小休止。

    スタッフの方たちが待ちわびています。

    IMG_1258.JPG

    ひたすら大きな声で「ワッショイ」と叫んでいるので、喉はカラカラ。

    水分補給が必要ですね。

    IMG_1259.JPG

    お祭りが始まる前、実行委員会の話では「寒いからこの時は水をかけないように」と言っていましたが・・・

    必ず水が飛んでしまう不思議(笑)

    IMG_1260.JPG

    悲鳴と共に子供のような笑顔が溢れます。

    IMG_1268.JPG

    背中で語る頭。

    IMG_1269.JPG

    IMG_1273.JPG

    白組の様子が気になる・・・

    IMG_1277.JPG

    気になる・・・

    IMG_1281.JPG

    小休止が終わった白組がスタートしたので、紅組も出発。

    天

    IMG_1286.JPG

    IMG_1288.JPG

    赤色の下帯姿の方は60歳以上。

    IMG_1296.JPG

    通称「赤ふん」のお父さんたちも元気元気。

    IMG_1297.JPG

    IMG_1298.JPG

    IMG_1299.JPG

    IMG_1301.JPG

    IMG_1307.JPG

    IMG_0987.JPG

    天下祭の旗が風で舞い踊っています。

    多くの来場者が待ちわびている場所まであと少し。

    IMG_1285.JPG

    次第に大きくなる歓声。

    その大きな歓声をも引き裂くような「ワッショイ ワッショイ」

    表情が更に引き締まり、空気が変わる瞬間。

    この勇ましさに、憧れのまなざしを向ける小さな男の子たちは何人いるだろうか。

     

    チカウジ * - * 13:06 * comments(2) * -

    コメント

    ヨッ!「練り込み」レポート、待ってました!

    紅白二組の裸男衆が里山にコダマするような大声の掛け声で
    士気を上げながら あの坂を登っていく様はゾクゾクしますね

    今年は早くから玉競場の観客エリア最前列に陣取ってたので
    直に観れなかったけど玉競場からもワッショイが聞こえてた

    裸男の列を追いかけて何度も坂を駆け上ったレポートさん
    お疲れさまでした!

    スマイルコレクションも大変楽しみです!!
    Comment by ほの国ワンラブ @ 2020/02/25 4:14 AM
    ほの国ワンラブ 様

    練り込みの裸男さんたちの士気の高さは凄いですよね!
    玉競り場の後方を通過する際には特に迫力を感じられたのではないでしょうか?

    また表情もよく、まさに戦前!という雰囲気でした。
    そんな中でも、楽しそうにしている裸男さんたちはカッコ良かったです。
    ですから、私も頑張って走られました♪

    スマイルコレクションまであと数回ありますが、最後までよろしくお願いします!
    Comment by 松平観光協会 @ 2020/02/28 4:30 PM
    コメントする









    このページの先頭へ